FC2ブログ

雷蔵の苦難

日常の出来事や、趣味のゴルフや麻雀、オンラインゲームなどを日記にしながら、仕事で溜まった鬱憤を発散している切ないサラリーマンのブログです。

プロフィール

RAIZO

Author:RAIZO
在住:千葉
職業:平凡サラリーマン
趣味:ゴルフ、麻雀、マラソン、ゲーム
一言:大和魂!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

  • 車の運転は気をつけよう

ふと目が覚めると、
何故か、アスファルトの上で横たわっていました…。

少し体を起こして周りを見渡すと、
そこが、高速道路の路肩だと気づきました。

時間帯は夜中だったのか真っ暗で、
車は一台も走っていないようでした。

数メートル先には、自分の愛車が横転していて、
炎上している光景が目に写りました。

「あれ?俺は…事故ったのか…!?」

でも、いくら思い出そうとしても、
何故、高速道路を走っていたのか?、
自分が、どこに行こうとしてたのか?
が、まったく記憶にありませんでした。

どうも、車が横転したときに、
自分は車から投げ飛ばされて、偶然助かったのかもしれない…、
と理解するようにしました。

携帯も無くどこにも連絡出来なかったので、
とりあえず、路肩を歩くことにしました。

少しずつその場を離れるように歩いていましたが、
他の車が1台も通ることはありませんでした。

しばらく、ボー然としながら歩いてましたが、
気づくと空も明るみ始め、自分の家の近くまで、
来ていたことに気づきました。

「とりあえず、家で眠たい。。。」

クタクタになった体を活を入れながら、
やっとのことで家にたどり着きました。

「ただいま…」

そう言って、玄関を開けると、
喪服姿の親父とお袋が、自分の顔をまじまじと見つめていました。
母親の目は、少し涙目だったような気がします。。。

「どうしたの??そんな格好して…」

と自分が言いながら、自分の部屋に入ろうとすると、
親父が、「おまえ…、なんで帰って来たんだ…!」
と不思議な事を言いました。

自分は、夜中の事故のことを言っているのだと思い、
「ああ、一眠りしたら、警察に事故のこと言うよ。。。」
と返答すると、母親が涙を流しながら、こう言いました。。。

「あんた…、あんたはもう死んだのよ…」

えw?!と思った瞬間、
目が覚めました…w!



どうも、今までのことは夢だったようでした。。。
ほんと恐ろしい夢でした。。。
スポンサーサイト



ここ最近、仕事が忙しすぎて、
毎日、夜10時過ぎに帰宅…。

平日は、やっと信おんにインしても、
狩に行く時間なんかありゃしませんよ。。。

そうそう、
先日の週末の信おんでの事なんですが、
星野山千尋窟の2Fへ狩りに行ってきたんです。

噂では2丹くらい掛かるとの聞いてたんですが、
最後のボスで大苦戦しましてね。。。

昼過ぎの1時から徒党員を募集し始めて、
夜の8時半まで狩りしてましたよw

信おんでここまで狩りし続けたのは、
黒猫のメンバーで地獄谷に行った時以来です!

星野山千尋窟での狩りの後、
さすがに、しばらく狩りはいいやw、とか思ってましたけど、
今となっては、仕事の苦痛よりも、
ゲームでの苦痛感の方が断然いいですねw

早く仕事落ち着きたいものです…。

まぁ、でも今週末は3連休!
あと2日、頑張ろうw